秋田銘菓 カオルサブレ・ぬれ小町・諸越・スギッチパイを秋田のお土産・ご贈答にどうぞ

かおる堂
秋田菓子宗家「かおる堂」 秋田銘菓 カオルサブレ・ぬれ小町・諸越・スギッチパイを秋田のお土産・ご贈答にどうぞ
お気に入りに追加 E-MAIL トップページ
秋田菓子宗家「かおる堂」 秋田銘菓 カオルサブレ・ぬれ小町・諸越・スギッチパイを秋田のお土産・ご贈答にどうぞ かおる堂の心 秋田菓子宗家「かおる堂」 秋田銘菓 カオルサブレ・ぬれ小町・諸越・スギッチパイを秋田のお土産・ご贈答にどうぞ かおる堂 季節の雑記帳 秋田菓子宗家「かおる堂」 秋田銘菓 カオルサブレ・ぬれ小町・諸越・スギッチパイを秋田のお土産・ご贈答にどうぞ 菓子暦 秋田菓子宗家「かおる堂」 秋田銘菓 カオルサブレ・ぬれ小町・諸越・スギッチパイを秋田のお土産・ご贈答にどうぞ ネットショッピング 通販 かおる堂 菓子風土記
>> かおる堂トップページ >> 旧・菓子暦 この一年 >> 秋田平野・チェリーボンボン

 2月14日はバレンタインデー。今ごろ、どんな風に思いを伝えようか、何を贈ろうか…さぞかしお悩みの方もいらっしゃるかと思います。いつもと趣向を変えて、今回はバレンタインデーにまつわるこんな小さな物語はいかがですか?
◆幻のチョコレートケーキ
 これは、結婚を間近に控えたお客様から聞いたお話です。ある日、ふと彼女が婚約者にこんなことを尋ねたそうです。「私が今までプレゼントしたものの中で、何が一番うれしかった?」。すると、こんな答えが返ってきました。「もらえなかったチョコレートケーキが一番うれしかったよ」。
彼女は思い出しました。長い交際期間の中で、何度となく二人の間をさまざまなプレゼントが行き来しましたが、一度だけバレンタインデーに渡せなかったチョコレートケーキがあったことを。こがして失敗してしまったケーキを前に、彼女の頭にはショーウィンドウに並ぶきれいなケーキの姿が浮かんでいました。はじめから買うべきだったんだ…。そして約束の時間。彼女はケーキのことを正直に彼に話し、「プレゼントはないの」と告白しました。事情を聞いた彼はなぜかうれしそうに笑い、それから食事に連れて行ってくれたそうです。
さて、この話には後日談が。バレンタインデーから1ヶ月後のホワイトデー。彼もまた彼女へのお返しを作っていました。果敢にも、お手製ケーキをプレゼントしようと試みたのです。しかし、ケーキはうまくふくらまず失敗。彼もそのことを彼女に話し、二人はまた1ヶ月前と同じように手ぶらで食事に行ったそうです。
今となっては、2人の笑い話になっているそうですが、この話に「贈り物」の本質をみる思いがします。もちろん、きちんとケーキが完成していれば、この上ないプレゼントになったことでしょう。でも、氣持ちがこもっていれば、どんなささやかなものでも─心づかいさえも─心に残る贈り物になるのです。今年のバレンタインデーも、そんなあたたかいドラマが繰り広げられるといいですね。

2月のお菓子
★チェリーボンボン
さりげなく、秘めた思いを伝えて。
1年ほどラム酒に漬けた大粒のさくらんぼを、チョコレートで包んだ大人のお菓子。口の中でとろける果肉と、濃厚なブランデーがたまりません。さくらんぼは、湯沢市・三浦果樹園で栽培されたものを使用しています。

菓子暦 この一年に戻る

菓子百彩 ネットショッピング
かおる堂CMギャラリー


トップページかおる堂の心季節の雑記帳菓子暦ネットショップ:通信販売菓子風土記CMギャラリーE-MAIL

Copyright (c) KAORUDO.JP. All rights reserved.